毛の周期

人の毛には部位によって様々な周期があるのを知っていますか?脱毛や除毛をする上で毛の周期を知っているといないのとでは違ってくるのではないでしょうか。毛には寿命があり1本1本成長して脱毛をするということを繰り返していて、「成長期」「退行期」「休止期」という毛の生え換わる周期を毛周期と言います。この毛周期は人によって、また部位によっても期間が大きく違い、その幅は数週間から数年と言われるほどで脱毛する人には頭を悩ませる部分ですね。

成長期には毛母細胞が活発に細胞分裂をくりかえして毛が伸びていき、この成長期が長いほど毛も長くなります。髪の毛は長く伸びますが手足はある程度の長さで止まってしまいますので成長期が短いということですね。そして退行期には毛母細胞の活動が止まって毛の成長も止まります。成長が止まった毛は毛乳頭から離れて抜け落ち、しばらく休みになる「休止期」に入るわけです。この、成長期に伸びて、退行期に止まり、休止期に毛が抜けてしばらく眠りにつくという流れから、レーザー脱毛などは成長期に行わないと効果がないのです。

しかし、施術後に眠りからさめた毛根がまた活動的になって新しい毛が生えてくるという繰り返しなので、レーザー脱毛などを行う時には何回も施術なければいけないということになります。脱毛の際にはこの毛周期を認識して長い目でみて脱毛を行う必要がありますね。



カテゴリ

このブログ記事について

このページは、miyokoが2011年5月29日 13:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子供の脱毛が流行り?」です。

次のブログ記事は「自己処理の注意点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

関連サイト

Powered by Movable Type 4.261